唐戸市場・活きいき馬関街を散歩する。

img_7502

 

空は曇り。一眼レフを持ち歩くには不安だったので、どこを散歩しようかと悩んでいた。ふと近頃、唐戸市場が活況だと聞いていたのを思い出す。

 

img_7520

 

土日祝日は「活きいき馬関街」といって、市場特有の雰囲気を楽しみながら寿司やどんぶりを購入して、関門海峡を眺めながら食すことができる。

 

img_7511

 

中国人観光客や日本各地からやってきた人が観光バスに乗ってきて近頃は、門司港レトロよりも人が多いくらいだ。

 

img_7561

 

市場の内部で食べる人も多く、ネットでの評判も高い。

 

img_7618

 

まだ、午前11時ごろ。この時点で海峡沿いで座れそうな所は人で埋め尽くされている。

 

img_7513

 

繁盛していることろは働いている人も幸せそうだ。観光客としてではなく、客観視できるものとしてみると面白いものをみることができる。

 

img_7532

 

鮮度の高そうな魚。近くでおじさんがさばいていた。

 

img_7555

 

唐戸市場の面白いところは、生魚だけではなく、こういった加工したものから野菜まで売っていることだ。年に数度ほど訪れるが、そのたびに面白い写真が撮れてしまう。今年はもう少し回数を増やそう。

 

Twitterで空の写真をUPところ、意外と評判が良かったので継続。 徐々に写真に興味を示すようになって、スナップ写真にハマり、Sonyのa6000を購入。以後九州テレビの特派員をしつつ、現在に至る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA