関門海峡を歩く。Part2

dsc_3747-1

 

このホームページを始める前日、とあることでNikonのD70という10年以上前のデジタル一眼レフカメラを入手した。
600万画素と今ではiPhone以下だが、キットレンズのよさとRAW現像ソフトの優秀さに助けられて意外と使える。
このカメラを使いこなすために、今日も散歩に出かけた。

 

dsc_3682-1

 

廃墟と化した民家の近くに咲いていた花。秋だからと言ってすべての花が枯れるわけではない。

 

dsc_3721-1

 

通学路を歩く少年。少し追ってみると、トンネルの先にある小学校へ通っているようだ。

 

dsc_3698-1

 

関門海峡の下関側にある、しめ縄に縛られた岩。恐らくご神体なのだろう。とりあえず手を合わせてから、シャッターを切った。

 

dsc_3737-1

 

住宅街に植樹されたであろう木。朝の青空とよく似合う。

 

dsc_3672-1

 

ふと、とあるビルの入り口を見ると、非常口の光が窓に反射して映っていた。偶然の美。

 

dsc_3746-1

 

住宅街の壁から生えていた野花。この写真を撮っていると住民のおばさんに声をかけられ、しばらく雑談をする。
近年のミラーレスに比べデカい一眼はさすがに目立つようだ。この日はこの写真を最後に事務所へ戻った。

Twitterで空の写真をUPところ、意外と評判が良かったので継続。 徐々に写真に興味を示すようになって、スナップ写真にハマり、Sonyのa6000を購入。以後九州テレビの特派員をしつつ、現在に至る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA