斬進快楽写真家 金村修 ネット記事まとめ

 金村修さんは、そのロックな風貌から想像するような、モノクロでソリッドな都市スナップ写真で世界的に有名な写真家です。
現代進行形で活躍されている方なので、ネットにも様々な形でされています。その一部をまとめました。彼の文章の多さは有名ですが、ネット記事だとまた別の側面が見えてきます。ぜひ参考になればと思います。
技術信仰がまだありえた時代、そんな時代がデジタルカメラの出現で終わりを迎えた。みんなが知らない技術を知っているという技術の独占が意味を持たなくなった。価格の高いカメラを買えば画面の質は向上する。写真家のアイデンティティーを技術に求めることがもう成立しなくなった。誰にでもいい写真が撮れるという事実は、誰が撮っても同じということだから、“誰が撮った”の“誰”がどこにも存在しなくなる。作者がいなくても撮れるという作者の不在、作者の抹消をデジタル写真はさらに促進するだろう。
「行き詰まったらその行き詰まりを見せるのが写真家であって、何でも撮れるなんてつまらない可能性を見せることなんかじゃない。行き詰まったり、つまらなかったりの何が悪いのかと思う。無限の可能性を秘めているなんて思われる方が変だし、つねに新しくなくちゃいけないって、コマーシャルの世界ならともかく、そういう意識ってすごく強迫神経症的だと思う」
1929年の暗黒の木曜日は紙幣が意味のない排泄物のような白い紙束であることを暴露したように、恐慌は宝の山としての紙幣を廃物屋のがらくたに転化する。恋愛は宝の山ではなく、がらくたになった廃物に恋をすることであり、価値を失った白い紙束としての紙幣に熱烈に恋をする。



・客観性を出して、作者の主観性をはぶく。
・中心(消失点)を出さない。全体を主役にしたい。
ヘロイン中毒者はうっとりしながら壁を見る。薬が効いているあいだは、ずうっと何も起きない壁を見続ける。「何事もない穏やかな日々です。」。何も起きないことは退屈なことではなく、ジャンキーにとって何も起きないことがまさに至福の瞬間なのだ。
大学では彼の写真の真似事ばかりしていた、ゴミゴミした景色を見つけては、EOS70で撮りまくっていた。大学4年間で何万枚撮ったか知れない。インドやらタイやらにに旅行に行ったりして写真を撮ったりして、色んな写真展に出展したりしていたけど、今となっては作品としてとってあるのは彼の作風を真似た9枚1組の写真だけだ。
たとえば「表現」ってなってくと、写真っていうの は自分の手足みたいな感じで捉えられるわけですよね。たとえば自分の観念なり思想なりを、ある種カメラを手段として撮ってくみたいな考え方になってくる。 だけど、写真っていうのは撮ってる作者の意識を裏切ってくような要素って強いわけですよ。
金村さんは、仕事の合間にプラウベルマキナで今でも「慌てるように撮る」と言った。ビューイングの様子はというと、金村さんの大きくプリントされたモノクロの作品群は、長テーブルの上にところ狭しと並べられている。
中平さんの場合ストレートにほぼ焼くだけで平面性が出たので、それならば自分も焼き込まずにやってみようと思いました。



来たるべき写真家 中平卓馬 ネット記事まとめ

中平卓馬さんという写真家ほど、写真を生涯問い続けた人は恐らくほとんどいないでしょう。

今なお、むしろデジタル化して技術に甘えることが出来なくなっていく写真業界でもなお、鮮烈に問うその写真は「世界」を無視した私感情と欺瞞に満ちた嘘塗れの「写真」とは対極です。

そんな中平卓馬さんですが、最初は写真家ではなく、『現代の眼』という雑誌の編集者で、ある時に東松照明、森山大道といった人たちと親交を深めて、1968年、高梨豊、岡田隆彦、多木浩二らと共に、写真同人誌「Provoke」創刊して、当時の既存の写真表現には無かった「アレ、ブレ、ボケ」で当時の写真業界を揺るがせました。1970年発表の写真集『来たるべき言葉のために』は日本の写真のマイルストーンとも呼ばれている名作です。



ところが、1973年発表の『なぜ、植物図鑑か』では一転して「アレ、ブレ、ボケ」の作風を否定し、撮り手の情緒を排したカタログ写真や図鑑の写真のような写真を目指しました。

その後、睡眠剤の乱用やアルコール中毒の影響か、昏倒の後に記憶障害を抱えてしまいますが、『アサヒカメラ』に「沖縄-写真原点I」を掲載して再起を果たします。

その後は、「新たなる凝視」「ADIEU A X(アデュウ ア エックス)」『hysteric Six NAKAHIRA Takuma』など、記憶障害を負う以前から掲げていた「植物図鑑」へ邁進しつつ、2003年に発表した「中平卓馬 Documentary」では独自の縦構図にカラーフィルムという独自の世界観に到達しました。その影響は大きく、ホンマタカシさんなど多くの写真家に影響を与えています。

 

IMG_0281

長者ヶ崎_photos_2009.11.08

タバコはマッチで吸う。
ファミレス大好き。
階段は2・3段飛ばし。
デニムのYシャツに赤のジャンパーと赤の帽子。

 

IMG_0282

Post #1613 さらば、中平卓馬
うすっぺなら写真が横行横溢する現在、中平卓馬の存在こそは、写真とはなにか、写真家とは何かという課題を、写真のあるべき姿とは何かという、重たい問いかけを、常に突き付けてきていたはずだ。

 

IMG_0283

中平卓馬 展
今回の展示では、横浜を中心に撮影したという。中平が撮影した植物や滝、横たわる老人や、タヌキの置き物など様々な対象を見るとき、彼の衒いのないまなざしを感じることができる。記憶のなかに沈む言葉とイメージを結び付けること、ただ今あることをそのままにうつし撮ること。その両極を行き来した作者の今の息遣いが感じられた。現実の世界にあって、これほどの誠実さをもって生きているということのシンプルさが色鮮やかに心に残る。

IMG_0284

追悼 中平卓馬殿
数年前に入った施設の規則で、カメラの携帯を許されない環境になり、やがて入院。久しくお目にかかることもかなわないままでしたが、最後の数年はさぞ無念だったと思います。

 

中平卓馬さんとナポリタン
http://chotoku.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-7a4c.html
自由が丘のギャラリーで吉村朗の個展で、中平さんに会った。もう記憶をなくされた後の話である。
吉村の話では毎日、そのギャラリーに中平さんは訪ねてきて、自己紹介の後、しばらく話をした。近所の喫茶店にナポリタンかなにか食べに行くという話であった。そうしてキヤノンF1に100mm付のレンズで中平さんは町を撮影するのである。

中平卓馬、私の前ではいつも笑っていた。
http://s.webry.info/sp/06581240.at.webry.info/201509/article_1.html
卓馬とは一時「義兄の嫁の弟」という関係で外語時代によく友人を連れて遊びに来ていた。離婚してからはだれも来なくなったが卓馬は相変わらずひょいと顔を出してはおしゃべりして帰って行った。彼が「現代の眼」でグラビア担当になり、カメラに誰を使おうか?と聞かれた時、まっさきに東松照明の名をあげ紹介したのが私だったから、そしてそれがきっかけで彼がカメラを手にするようになったからか、気安かったのだと思う。