2018年、明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。九州テレビ特派員の空きれいです。

昨年もたくさんの方に見ていただきありがとうございます。今年は去年さりげなくTwitterでつぶやいた

を実行することを目標にしたいと思います。どうぞ今後ともよろしくお願いします。



空きれいは何故、元日にミサに行くの?

私、空きれいは九州テレビの特派員であり、信者ではありませんがカトリック教会にご縁があり、6年ほどミサの撮影をしています。
今年のクリスマスは、YoutubeとTwitterでクリスマスミサのライブ中継をしましたが、208年1月1日に行われる「神の母聖マリアの祭日」のミサも中継します。


そもそも「神の母聖マリアの祭日」って何?

新しい年を迎えた今日、降誕8日目にあたる1月1日に、教会は、ローマの古い伝統に従い、“神の母マリア”の祭日を祝います。

Laudate | 教会カレンダー 神の母マリア より

神の母聖マリアは、キリストを産まれたお母さんの事です。カトリック教会では、古くから聖マリアの祝福を祝っていて、日本のカトリック教会でも「守るべき祭日」としてクリスマスと同じくらい大切にされています。

空きれいは何故、元日にミサに行くの?

私、空きれいは6年前のクリスマスの日に、ある人にクリスマスの日にいきなり教会に行こうと言われて、教会に初めて足を踏み入れました。

その際に、カメラを渡されて生まれて初めて撮影しましたし、その後の1月1日の“神の母マリア”の祭日でビデオ撮影を任されて撮影しました。要するに私にとってクリスマスと聖マリアの祭日は、今の私「空きれい」が生まれるきっかけとなった縁のある日なのです。

 

そのご縁を大切にし、その後幾度も撮影することによって理解を深めてきたミサの良さを伝えるために私は、今年クリスマスミサに続いて“神の母マリア”の祭日も鳥栖カトリック教会より中継することになりました。

こちらから見ることができますので、ぜひ見て頂ければと思います。



何処かへの帰還

いったい何時からだろうか。私が夕方に執着するようになったのは?
記憶を辿ると小学生の頃、友人が呟いた「この時間は寂しい」という言葉にたどり着く。
たしか、夕方二人きりで部屋に閉じこもってゲームをしていた時の言葉だった。
その友人は数年後、家庭の事情で引っ越してしまって、その後は会えていない。

ふと夕方の時間になると、カメラを無性に持ちたくなるのは過去の記憶が疼くからか。それとも、雑踏の騒めきが恋しくなるからか。

 

追記
今回の記事のタイトルは「夕焼け症候群」にしようと思っていたが調べたところ、そういった病が現実に存在しているようなので、「何処かへの帰還」とした。



ハンター

DSC03710

 

先日、山口県下関市の長府という古い城下町に取材があったので訪れた。

予想よりも早く取材が終わったので檀具川という川辺を望遠レンズを付けたカメラをもって散策していた。

すると、何処からとなしに飼い猫が現れてきて、私の様子を伺ってきた。

遠慮なしに私はシャッターを切った。数枚ほど撮ると、猫は近くに停まっていた車の下に消えていった。

来たる春雨と満開のサクラ

 

DSC_5090

 

先日の記事の宣言の通り、火の山公園に出かけて撮影をしました。

なんとなしに立ち込める雲と咲き散る桜。チューリップよりも多いかもしれない人々の群れ。

例年ならば、これが数日は続くのですが、今年は雨がまた降りそうなのであまり期待できないでしょう。

iPhoneで動画を撮影しつつ、幾枚かの写真を撮りました。恐らく大半の写真は九州テレビさんの記事として投稿すると思います。

映像は、この最近リリースされたApple純正のアプリを使用して公開しています。

近日中に再編集してYoutubeにアップする予定なのでその際はまた見て頂ければと思います。

 

春の海と子どもたち

DSC07493

 

先日、とある機材のチェックを兼ねてとある海水浴場を訪れた。

さすがにこの季節に人はいないだろうと、海を眺めていると何処からとなしに子どもたちがやってきた。

この日の気温はとても暑かったので半袖半ズボンでも寒さを感じることはないようだ。

私の機材を一通り見物した後、海へ走っていった。

 

DSC07494