ハンター

DSC03710

 

先日、山口県下関市の長府という古い城下町に取材があったので訪れた。

予想よりも早く取材が終わったので檀具川という川辺を望遠レンズを付けたカメラをもって散策していた。

すると、何処からとなしに飼い猫が現れてきて、私の様子を伺ってきた。

遠慮なしに私はシャッターを切った。数枚ほど撮ると、猫は近くに停まっていた車の下に消えていった。

桜花、春雨の街、幻視

20170410_043415425_iOS

 

先日、とある図書館で借りた本を返却した後、エレベーターに乗って外の風景を眺めていた。

すると、昨日見た桜と外の風景が頭の中で奇妙な合成をしていた。

手元にあるiPhoneでそれを再現すべく、レタッチとフィルターと2重合成を駆使したのがこの作品。

現実は桜一つもなく、ただ薄暗い雲と街が広がっていても、私の頭の中はそうでもないようだ。

 

来たる春雨と満開のサクラ

 

DSC_5090

 

先日の記事の宣言の通り、火の山公園に出かけて撮影をしました。

なんとなしに立ち込める雲と咲き散る桜。チューリップよりも多いかもしれない人々の群れ。

例年ならば、これが数日は続くのですが、今年は雨がまた降りそうなのであまり期待できないでしょう。

iPhoneで動画を撮影しつつ、幾枚かの写真を撮りました。恐らく大半の写真は九州テレビさんの記事として投稿すると思います。

映像は、この最近リリースされたApple純正のアプリを使用して公開しています。

近日中に再編集してYoutubeにアップする予定なのでその際はまた見て頂ければと思います。

 

雨、夜桜、憂鬱。

20170408_103210403_iOS

 

春、桜がちょうど開花し始めた日から、何故か雨が降りやまない日々が続いている。

目の前にある桜たちは、雨に何とか持ちこたえながら満開を迎えつつあるようだ。

私は憂鬱で仕方ない。せっかくの満開の桜並木もこれではすぐに散ってしまう。

ともかく、普段使っている機材を濡らして壊すわけにはいかないので、iPhoneでとりあえず撮影する。

天気予報を見るとかろうじて明日は晴れるようだ。明日は早起きして桜を撮ろうと誓った。

Lost in life:冬ノ空

DSC04915_1

 

冬、特に雪が降るほど寒くなると私は無性に空を撮りたくなる。
冬特有の空の色合いが好きというのもあるけれども、何かが垣間見えるからだ。
海の青を反射した空の蒼、行く果てを知る由もない雲、そして見知らぬ何かが見える。
私個人としては空を見て包まれるような気持ちになることは少ない。ただただ圧倒的な情報量だけが見える。

…と私の「空」論はさて置き、今回は写真をWordpress上に置かずにTwitterからのまとめという形で掲載しようと思う。

 

門司港レトロ周辺を歩く。Part2

20151124163355-3401531

 

この、伝説のゲーム「LSD」か「クーロンズゲート」辺りに出てきそうな風景。
実は門司港レトロから歩いて10分くらいのところにある、「門司港中央市場」です。本当にレトロですね。

 

20151124162944-2728506

 

これが入り口の看板。なんでも戦後の闇市時代から存在しているそうな。

 

20151124163701-2823970

 

とある花屋さん。この市場は朝に人がいるようなので、夕方に行くと本当に人がいない。
BGMだけが聞こえる異空間です。

 

20151124163625-2600409_1

 

市場の途中に、車道があるようでこのような風景。天井の光が屋根を通過して何とも幻想的ですね。

 

20151124163750-2928887

 

依然行ったときはおじいさんたちがタバコをふかしていたような記憶があります。秘密の休憩所です。

 

20151124163756-2851762

 

入口付近の八百屋さん。近くのスーパーにめげず頑張っているようです。

 

20151124163836-3079418

 

入口であり、出口。トラックが通過していますが、本来はスーパーが見えます。
行ってみると近所の主婦層はみなさんそちらでお買い物をされているようですね。
何とも現代的で印象の残るスナップでした。

関門海峡を歩く。Part3

dsc_3787

 

暫く天候が悪かったので、数日ぶりに一眼レフを首にぶら下げて散歩をした。日々のデスクワークの影響か、若干足腰が弱まっているように感じる。だが、普段目につかないものが見えるのも違いない。少し離れて撮影するのが私の流儀だからだ。

 

dsc_3759

 

赤間神宮前の駐車場に三本の花が咲いていた。なんとなしに意味深くみえてしまう。今日は曇り空だったので、後ろの門司港レトロは見えなかった。

 

dsc_3783

 

壁を見ながら歩いていると、誰かが残した落書きに、光が差し込んでいた。

 

dsc_3789

 

下関駅前のダイソー前を通る。もうだいぶん前にできたのだが、まだそこまでたっていない気がする。記憶の順序はそこまで正しくないらしい。どうやら。

 

dsc_3794

 

下関駅前にて撮影。なにやら人が多いと思ったら、今日は日曜日だったことを思い出す。この辺も駅が再建されてから活気が若干良くなった。だが、午後8時くらいになると不気味なくらいに人がいなくなる。
人々はどこへ消えたのか?バスに乗って自宅へか、近くの飲み屋街か、それは人それぞれなのだろう。にわか雨の気配を感じた私はシーモールへ入った。

門司港レトロ周辺を歩く。

dsc_3611

 

この最近は雨で外で歩いて撮影ができない日々が続いていますが、撮りためている写真は有り余っているのでそちらをしばらく掲載したいと思う。こちらの花は数日前に撮影したもの。夏に行けば満開の花々と関門海峡橋の見栄えのある写真になっただろうけれども、こちらの方が私らしい。

 

dsc_3650

 

魚を釣る人。休日となればここら辺は釣り人でにぎわう。今日は平日なので一人だった。

 

dsc_3630

 

とある病院の横にある通りに花畑らしきものがあり、そこの一角に何故か人形がいっぱい置いてある。
少し不気味だが、個人的にはこの少女像がお気に入りだ。不思議の国のアリス。

 

dsc_3633

 

門司港はもともと倉庫街だったと聞いたことがる。事実、未だ海岸線沿いを歩くと倉庫に行き当たる。昔の倉庫も多く、個人的にはお気に入りの撮影スポットだ。

 

dsc_3638

 

血液の数%はコンビニのコーヒーで出来ているだろう私の朝はコーヒーで始まる。
飲みながら空をぼーっと見ていると門司港レトロが目に付いた。近くのビルや住宅と一緒に。
当時、門司港レトロハイマート建設時は景観を壊すとして、だいぶん騒動したようだが、今は風景に溶け込んでいた。

 

dsc_3626

 

飲み終えて、事務所へ行く途中、木を見てみる。葉が散って秋が訪れていることを知らせていた。
太陽はまだ夏の気分のようだが、木々はそうはいかないようだ。この写真を撮影後、私は早歩きで動き出した。

関門海峡を歩く。Part2

dsc_3747-1

 

このホームページを始める前日、とあることでNikonのD70という10年以上前のデジタル一眼レフカメラを入手した。
600万画素と今ではiPhone以下だが、キットレンズのよさとRAW現像ソフトの優秀さに助けられて意外と使える。
このカメラを使いこなすために、今日も散歩に出かけた。

 

dsc_3682-1

 

廃墟と化した民家の近くに咲いていた花。秋だからと言ってすべての花が枯れるわけではない。

 

dsc_3721-1

 

通学路を歩く少年。少し追ってみると、トンネルの先にある小学校へ通っているようだ。

 

dsc_3698-1

 

関門海峡の下関側にある、しめ縄に縛られた岩。恐らくご神体なのだろう。とりあえず手を合わせてから、シャッターを切った。

 

dsc_3737-1

 

住宅街に植樹されたであろう木。朝の青空とよく似合う。

 

dsc_3672-1

 

ふと、とあるビルの入り口を見ると、非常口の光が窓に反射して映っていた。偶然の美。

 

dsc_3746-1

 

住宅街の壁から生えていた野花。この写真を撮っていると住民のおばさんに声をかけられ、しばらく雑談をする。
近年のミラーレスに比べデカい一眼はさすがに目立つようだ。この日はこの写真を最後に事務所へ戻った。