ハンター

DSC03710

 

先日、山口県下関市の長府という古い城下町に取材があったので訪れた。

予想よりも早く取材が終わったので檀具川という川辺を望遠レンズを付けたカメラをもって散策していた。

すると、何処からとなしに飼い猫が現れてきて、私の様子を伺ってきた。

遠慮なしに私はシャッターを切った。数枚ほど撮ると、猫は近くに停まっていた車の下に消えていった。

エイプリルフールで嘘のような、本当のはなし。

 

DSC03643

 

4月1日、世間ではエイプリルフールといって、嘘をついてもいい日とされている。

もっとも私のような、嘘をつくことがへたくそな人間に余り関わることではないだろう。

そう思いながら車の助手席から何となく外の風景を見ていると、馬が歩道を歩いていた。今、このご時世に。

思わず、車を近くの駐車場に止めてもらって、馬のそばに駆け寄ってカメラを構えて何枚か撮影した。騎乗のご老人は苦笑していた。

我に返って頭を下げて、謝罪の後、撮影の許可をもらって念のため聞いてみた。

「馬ですよね?」と。

すると、ご老人は「ロボットだよ、ははは」と答えた。

嘘なのか本当なのか。私にはよくわからないが馬らしき生命体の目は確かに生きていた。

 

夏の追憶:七夕の里、七夕神社。

dsc02343_edited-2

 

10月、少しずつ平均気温も下がってきて、緑葉も色づき秋の訪れを感じるこの頃。
少しだけあのセミの声が懐かしくなってしまうのは私だけでしょうか?
理由としてはその程度ですが、「夏の追憶」と題してここで少しばかりお見せしたいと思います。
今回は、福岡県小郡市にある「七夕神社」です。

 

dsc02341_edited-2

 

七夕神社は、肥前国風土記にも記されている由緒ある神社だそうです。
正式名は「媛社神社」あくまでも七夕神社は通称とのこと。
今回の写真たちは、8月に行われた夏祭りの様子です。

 

dsc02348_edited-1

 

七夕といえば、笹に短冊。これは全国どこでも見られる風景ですね。
でも、こちらにあるものは全国から大量に送られてきたものの一部だそうです。

 

dsc02360_edited-1

 

メインのイベントは夜に行われるようでしたので、撮影した昼間は屋台のおじさんも昼寝していたり、会場の準備に忙しそうでした。

 

dsc02369_edited-1

 

七夕神社の脇にある田んぼです。日本人の原風景といっても良いのではないでしょうか?
コンクリに囲まれたビル街もクールで好きですが、長くいると疲れてしまいます。
癒されたい方は、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?恋人の聖地でもあるそうですよ。