?> ブームの兆しがある「360度カメラ」について解説するよ! | Soraklrei。

ブームの兆しがある「360度カメラ」について解説するよ!

YouTubeなど様々なSNSの投稿で見かける機会が増えてきた「360度カメラ」。名前の通り、360度空間全体を撮影できるのが特徴で、テクノロジーの発展で以前より手軽に使えるようになっています。とはいえ、360度カメラは通常のカメラより扱いが難しいのも事実です。

そこで今回は、360度カメラの魅力を紹介します。主要なメーカーや360度カメラでしか出来ないこともご紹介するので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

 

360度カメラとは?

360度カメラとは、全方向の空間を記録できる特殊なカメラで、使い方によってはオリジナリティー溢れる写真や映画のようなクリエイティブな映像を撮影することが出来ます。

360度全体を撮影するために、超広角のレンズが前後に取り付けられていて、業務用になると高画質にするためさらに複数のレンズが取り付けられている外見が特徴的です。

 

360度カメラの主要なメーカー

リコー

カメラメーカーの老舗として有名なリコー。国内の360度カメラメーカーで一番有名なのは間違いなくリコーです。

老舗として蓄積された技術は360度カメラにも応用されていて、静止画のクオリティーは他社より頭一つ抜けている印象があります。

GoPro

アクションカムで有名なGoPro。リコーと比べると新興メーカーですが、VRソフトウェアで有名だったKolorを買収し、そのテクノロジーを活用しているので業務で使う人に人気のあるメーカーです。

Arashi Vision

2014年に流星の如く現れた中国のメーカーです。コスパのいい360度カメラに定評があって、スマホとの連動も特徴の一つです。

 

他にも、Kodakやサムスンなど幾つものメーカーが存在しますが、今人気のあるメーカーとしては上記の3社だと思います。いずれも特徴のあるメーカーです。

 

360度カメラでとんなことができるの?

では実際、360度カメラはどのような映像や画像が撮影できるのか?気になる方も多いと思います。

手前味噌ではありますが、作例として紹介したいと思います。

JR博多駅前広場にて撮影した360度画像です。

人の顔についてはプライバシーのためぼかしていますが、このように視界が開けた場所での撮影では、その場全体の雰囲気を伝えることが出来ます。

こちらもJR博多駅前広場にて撮影した360度映像です。

写真とは全く違った印象で、空間全体を撮影できるので映像編集次第で実に多彩な表現か可能です。

最後に

360度カメラはまだ新しいので業界全体が試行錯誤の真っ最中、これから発展性のあるジャンルです。

個人的には非常に大きな興味があるので、これから360度カメラに関する情報をどんどん発信していきたいと思います。よろしくお願いします。